300万円以上の創業にかかる経費(設置、整備にかかる費用)が見込まれ、さらに2人以上の雇用(雇用保険の加入者)を予定される創業

設置、整備にかかる費用・・・例)改装費、賃貸料、機械、車輛等(人件費は含まれません。)
※また、創業でない場合で新たな支店や事業所の開設でも対象となります。ただし、この場合は新たに3人以上の雇用が条件となります。

支給額 50~800万円/年×3年間(創業と認められる場合は、支給額の1/2を上乗せ)

社労士より一言・・・厚労省の創業関係の助成金は少なくなってきており、この助成金も以前よりも受給額も少なくなりました。しかし、業種の制限もありませんし、計画書を提出だけでもしておいて、要件を満たしたら12カ月もしくは18か月後に申請をされたらいいと思います。創業だけでなく、新たな事業場の開設も対象です。